MENU

不動産売却Q&A

不動産売却に関するよくあるご質問と答え

不動産売却に関するよくあるご質問と答え

皆様から両毛資産総研コンサルタントへお寄せいただいたご質問にお答えするコーナーです。
こちらでは不動産売却や買取に関するご質問のほか、物件の査定に関するご質問、空き家管理サービスに関するお質問について回答しています。
なお、こちらに掲載のない内容でご不明な点がございましたら、足利市・佐野市で不動産売却・資産活用・相続対策を手がける両毛資産総研コンサルタントにおたずねください。

不動産売却でよくあるご質問と答え

査定について
Q.査定とは何ですか?
A.売却を希望されている土地や建物がどの程度の価格で売れるのか、その物件の価値を算定することを「査定」と呼んでいます。なお、当社では無料査定を実施しています。お気軽にお問い合わせください。
Q.査定ではどんなことをするのですか?
A.当社代表が現地まで出向いて土地や建物を調査し、その資産価値を算定します。これを「出張査定」と呼んでいますが、お客様のご事情などでこれが難しい場合は、物件の概要を書類上で確認した上で、周辺地域の市場相場に照らしておおまかな額を算定する「簡易査定」もお選びいただけます。
Q.査定は有料ですか?
A.当社の出張査定は無料です。出張査定なら現地を確認した上で厳密な売却価格をご提示できます。
Q.査定額通りに売却しばければなりませんか?
A.そんなことはありません。査定額とはあくまでも市場でどれだけの価格で売れるかという目安に過ぎないからです。当然のことですが、売り出し価格をいくらにするかはお客様のご意向を尊重いたします。ただ、その額が市場相場とかけ離れていると、売却が思うように進まない恐れも。やはり、査定額を参考にしながら、妥当な額を決めるのがよいでしょう。
Q.今、住んでいる家を査定してもらうことは可能ですか?
A.問題ありません。多くの方が同じように、居住中のご自宅を査定に出されています。安心してご依頼ください。
売却について
Q.ご近所に知られずに自宅を売却できますか?
A.もちろん可能です。その場合は、近隣の方が注目する広告やメディアへの掲載は控え、不動産の購入希望者だけが見るインターネット広告を効果的に活用します。これなら、ご近所の方に売却を知られる心配はありません。
Q.売却時に必要となる書類はありますか?
A.下記のような書類を揃えていただく必要があります。
  • 売買契約書
  • 銀行口座書類
  • 登記済権利証
  • ローン残高証明書
  • 身分証明書
  • 土地測量図面(境界確認書)
  • 印鑑証明書
  • 建築確認通知書(検査済証)
  • 住民票
  • 建築設計図(工事記録書)
  • 固定資産税納付書
  • など
なお、物件やお客様のご状況によって必要書類は異なります。また、実印が必要になることもありますが、その都度、当社からご案内しますので、ご安心ください。
Q.物件の販売活動とはどんなものですか?
A.新聞の折り込みチラシやポスティング、住宅情報誌、不動産関連のウェブサイトなどを活用した広告活動が主体になります。また、「REINS(レインズ)」=不動産流通標準情報システムに情報を登録して、購入希望者を全国規模で募るのでより迅速な売却が期待できます。
Q.売却する物件はリフォームしたほうがいいですか?
A.リフォームで購入希望者の印象がよくなることは確かです。ただし、費用をかけすぎてしまうと、損が出て売却の意味が薄れることもあるので注意しましょう。リフォームすべきか、現状で売却するかは当社スタッフが十二分に吟味し、最善のプランをご提案しますのでご安心ください。
Q.売却と新居の購入、どちらもお願いできますか?
A.もちろんお任せいただけます。むしろ、新居購入を視野に入れながら売却を進めると、資金面や引っ越しのタイミングなどで有利な点が多いのでおすすめです。なお、当社なら賃貸・中古・新築とどのタイプの物件もお探しできます。
Q.新居が完成する前に自宅が売れてしまったら?
A.仮住まいをご用意いただくか、買主の方に相談して引き渡し時期を調整していただくという方法が考えられます。 どちらのケースでも当社が責任をもってサポートしますのでご安心ください。
空き家管理について
Q.空き家の固定資産税は通常の6倍にもなるそうですが、本当ですか?
A.管理実態がなく、周囲の景観や衛生状況、防犯上などで悪影響を与える物件については行政から「特定空家」に指定され、更地と同様、通常の6倍もの固定資産税が課されます。 こうしたことにならないよう、空き家は適切な管理が欠かせません。詳しくはこちら(P9 へリンク)をご覧ください。
Q.空き家の管理をお願いする場合、貴重品やゴミをそのままにして大丈夫ですか?
A.侵入盗などの被害があった場合を考えると貴重品はやはり空き家に置いておかないほうが得策です。また、ゴミについても放置は衛生面で問題があり、異臭などで近所迷惑になりかねないので適切に処分しておくことをおすすめします。
Q.空き家の管理をお願いする場合、水道・ガスの契約を継続しておく必要がありますか?
A.ガスについては契約を休止していただいて構いません。ただし、管理サービスである通水を実施するため、水道に関しては契約を継続しておいてください。
Q.途中で別に管理プランに切り替えることはできますか?
A.問題ありません。物件の状況、シーズンなどで、サービス内容を適宜変更いただけます。ご希望は当社スタッフまでお申し付けください。

gotop