MENU

相続相談

不動産コンサルティングマスターによる相続相談

不動産コンサルティングマスターによる相続相談

親から実家を相続したものの、肝心の相続税対策をどうすればよいか、親族での分割をどう進めていけばよいのかがわからず難儀したという経験をお持ちの方も多いことでしょう。
そんなときは、不動産と相続の専門家「不動産コンサルティングマスター」のいる両毛資産総研コンサルタントにご相談ください。
当社なら相続税対策はもちろん、資産活用についてもプロの立場から最適な解決策をご提案できます。

不動産コンサルティングマスターが対応します

不動産コンサルティングマスターとは?

不動産コンサルティングマスターとは?

不動産の有効活用や投資について、高い専門知識と豊富な経験に基づいてコンサルティングを行うのが「不動産コンサルティングマスター」と呼ばれる有資格者。
不動産に関する専門的な知識・能力を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用や取得、処分、管理、事業経営、投資などについてアドバイスするこの分野の専門家です。当社代表はこの不動産コンサルティングマスターで、司法書士や税理士などと連携して、相続問題についてもワンストップで解決いたします。

相続税について

相続税について

ご存じのように、相続税とは、亡くなった方(被相続人)の財産を相続で受け継いだ場合や、遺言によって相続財産を受け継いだ場合に課される税のこと。ただし、すべてのケースで相続税が発生するわけではなく、あくまでも、相続財産が基準以上に大きい場合に課税対象となります。

なお、相続財産には現金や有価証券、貴金属類、家財などの動産も含まれますが、これらは分配が容易なためあまり問題になりません。一方、不動産は物理的に分けることが難しいだけに、相続税対策が複雑化しがち。たとえば、1つの不動産をどう分けるかで揉めたり、思うように分割ができなかったりと、さまざまな困難が立ちはだかります。そうなると、最悪の場合は肝心の申告が期日通りにできなくなり、無申告加算税や延滞税、重加算税が課されることに。不動産コンサルティングマスターの資格を持つ当社代表なら、こうした難しい問題を司法書士や税理士との連携でスピーディーに対応が可能です。

相続不動産の活用方法

相続不動産の活用方法

親から相続した土地や建物をそのままにしておいてはいけません。毎年のように固定資産税や都市計画税が課され、その上、資産価値も年々目減りする一方だからです。こうした事態を回避するためにも、相続不動産は適切に活用し、管理しましょう。

売却

今後、そこに移り住む予定がないという場合は、仲介売却という手法で空き家を売却しましょう。家と建物をできるだけ高く売りたいという場合に最適な方法です。また売却することで、固定資産税の負担から解放されます。

賃貸

人に貸せば立派な収益物件、投資物件になるのが空き家。毎月の家賃収入から固定資産税や将来の修繕費を捻出することができ、将来はそこに自ら居住することもできます。

土地活用

更地のままでは通常の6倍もの固定資産税がかかりますが、駐車場にして収益を確保し、これを固定資産税に充てることで当面の維持が可能になります。

維持管理

今のところは空き家でも、いつかそこで暮らす予定がある場合は、建物や敷地が痛んだり荒れたりしないよう適切に管理する必要があります。両毛資産総研コンサルタントでは、空き家を定期訪問し、清掃や手入れなど必要な維持管理を代行する空き家管理サービスを提供しています。

>>空き家・空地管理・アパートの空き室について詳しくはこちら

gotop